読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり寄り道人生

何とかなるでしょ。のんびり生きましょう

あなたを信じます

 歌手のASKAが再始動したようだ。いちファンとして心から嬉しく思う。

オフィシャルサイト https://www.chage-aska.net/

 

aska-burnishstone.hatenablog.com

 

 簡単に経緯をまとめると、2014年5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑でASKAは逮捕され、同年9月12日、懲役3年執行猶予4年の有罪判決が確定した。それが2016年1月になって突如インターネットに公開したブログで、誰もが驚愕するような“告発"をしたので、ネットの世界は騒然となった(まもなく後を追うようにマスメディアがSMAPの解散騒動&謝罪会見を報じたので、一般的にはあまり知られていないかもしれない)。

 あれから半年経って、マスメディアは再びSMAPの解散で持ちきりである。それにしても、この"偶然”には苦笑するばかりだ。ASKAの告発は事実だろうと思う。ASKAという類まれな才能に恵まれたアーティストの復活を信じたい。彼が犯した過ちが消えるわけではない。これまでも、これからも自らの愚かさを一生、彼自身が悔やむだろう。だが、その命をかけたメッセージは、お気楽な世の中にあって重要な警告を発している。薬物中毒者の妄想だと一蹴する前に、耳を傾けて損はない。

 

aska_burnishstone’s diaryより抜粋

2016-07-18
この半年間のできごとについて

(略)盗聴盗撮は本物です。巷では横行しています。皆さんも、気づかれていないだけで、被害に遭われています。ネットでは、精神科の医師の発言により、僕が精神病、統合失調症のように書かれていますが、僕は病気ではありません。精神科の医師たちは、現代のテクノロジーについて行っていないだけです。今回のできごとは、盗聴盗撮集団の思惑どおりに事が運んだということになります。(略)

5月17日、僕は九州の病院に転院しました。そこでは、医院長の検診、面談が行われ、直ぐに「病気ではない」と、診断されました。
 やっと、疑いが晴れたのです。医療保護が解け、任意入院になり、1ヶ月間の自由な生活をいたしました。パソコンもスマホも許可してもらいました。部屋にはテレビもある、お風呂も毎日入れる。売店にも自由に行ける。外泊もできる。地獄から天国です。
 久しぶりにパソコンに触れた時、驚くべき事実に遭遇いたしました。僕の所有しているパソコン、スマホの全てのパスワードが書き換えられてしまっていたのです。ケーブルが繋がったままでしたので、遠隔操作でしょう。パスワードを取り戻すのには大変な時間を費やしました。1月に書いた4つのブログも、全部削除されました。昨今、芸能人の多くが、このような被害に遭われていることはご存じのことでしょう。(略)

 参考NEWS

http://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160816/Cyzo_201608_askachage_1.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年12月25日追記 復帰作第一弾!

youtu.be

 

aska-burnishstone.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年1月23日追記 復帰作第二弾!

youtu.be

aska-burnishstone.hatenablog.com

[Too many people] ASKA:CD

[700番 第二巻/第三巻] ASKA(著):単行本(ソフトカバー)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年2月15日追記 復帰後、初のテレビ出演

youtu.be

どんな状況に陥っても自分を見失わず、自分の言葉で語り、自分に正直に生きる姿勢に共感する。ASKAの秘めた意志もさることながら、”立ち上がろうとする”弱い人間を支える人たちが少なからずいることを心から嬉しく思う。