読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり寄り道人生

何とかなるでしょ。のんびり生きましょう

Polarr Photo Editor

 1年程、絵画教室で鉛筆デッサンを学んだ。しばらくは心の病のため「描く」行為から遠ざかっていたが、ようやく真っ白な画用紙に向き合う気持ちになった。

 元々、水墨画のような白黒の世界が好きなので彩色は習わなかった。だから色彩理論は全く分からないが、お手軽そうな画像加工ソフト、Polarr Photo Editorが気になったので、使ってみることにした。

 デッサンのモデルは憧れの美女、イングリッド・バーグマン Ingrid Bergman。『うーん、似てない。。。』と思いつつ、それ以上の修正を諦めて放置していた一枚を引っ張りだし、写真撮影した。

 パソコンでPolarr Photo Editorを起動し、写真データを取り込む。初心者にもイメージしやすいように「モダン」系、「フィルム」系、「アート」系(いずれも無料)のフィルタが用意されており、ざっくりした加工をワンクリックで施せる。さらに各々「映画風」「穏やかな感じ」「くっきりした感じ」など12タイプの画面イメージがあり、彩度も調整できる。とりあえず直感で選んだ1枚を選び、微修正を繰り返した。(修正履歴が残っているので、気に入らなければ、1段階前、2段階前、、、と遡れるのは便利)。それにしても数が多いと、どれがいいのかよく分からない。エイヤッと何となく気に入った1枚を、とりあえず保存した。

 ソフトウェアの操作確認のためだと割りきって遊んだものの、やはり基本となるデッサンをまずは何とかせねばならないなぁ。。。

f:id:hamatonbetsu:20160814233242j:plain f:id:hamatonbetsu:20160814233309j:plain

 

www.polarr.co

www.atres.jp