のんびり寄り道人生

何とかなるでしょ。のんびり生きましょう

KUMON日本語プログラム

先月から母が公文教室に通い始めた。体験学習に参加して、継続を決めたようだ。 母国では義務教育すらまともに受けられず、異国の地では生活のため休みなく働いてきた母だが、還暦を過ぎてから漸く日本語コンプレックスに向き合う余裕ができたようだ。これま…

中学校夜間学級

公立中学校の夜間学級(いわゆる夜間中学)をご存知だろうか?中学校夜間学級とは、市町村が設置する中学校において、二部授業が行われる学級のことである。そこでは様々な事情からほとんど学校に通えず、実質的に十分な教育を受けられないまま卒業した人、…

時の人

学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題で「行政がゆがめられた」と訴え、すっかり”時の人”となった前川喜平(まえかわきへい)・前文部科学省事務次官の動向を興味深く追っている。 www.youtube.com iwj.co.jp 前川氏は茫洋とした雰囲気に柔らかい…

自分の時間を取り戻そう

ちきりん著『自分の時間を取り戻そう ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』を読んだ。 www.diamond.co.jp 表紙裏には「ちきりん流・自分の時間を取り戻す具体的な方法」と銘打って、幾つか具体的な方法が提示されている。(以降、『自分の時間…

韓国映画OST / 『千年鶴』Beyond the years

このところほぼ毎日、韓国映画OST / 『千年鶴』Beyond the yearsをMP3プレイヤーで聴いている。新緑が輝く季節の中、物悲しくも美しい珠玉のメロディーに浸りながら、ゆったりした気分で朝の一時を過ごしている。 『クリウム(恋しさ)』 youtu.be 『In a Vi…

障子紙&障子のりでDIY

色あせ・変色が甚だしい繊維壁からポロポロと粒が落ちてくる。その都度、腰をかがめて掃除するのだが、足腰が辛いので壁紙リフォームを検討した。業者から提示された見積金額を見て仰天した。材料代は大した事ないが、やはり職人さんの手間賃がかなり高い…(…

ある日の憲法記念日

www.dailymotion.com 2017年4月30日に放送されたNHKスペシャル 「憲法70年 “平和国家”はこうして生まれた」を観た。(以下、番組ホームページの番組内容より引用) 日本国憲法の施行から70年。平和主義の出発点が新たな資料で明らかになった。昭和20年9…

静寂と喧騒を愉しむ

まだ夜間の暖房は手放せないが、温かい春の季節を堪能している。葉桜が揺れる街路樹、剪定された欅の並木、草刈り後の土と草の混じった匂い、通り雨にしっとり濡れた苔などに、自然と身体が反応して、ささやかな感動に包まれる。子供の頃は、動かない(反応…

若者よマルクスを読もう〜20歳代の模索と情熱〜

内田樹×石川康宏著『若者よ、マルクスを読もう〜20歳代の模索と情熱〜』を読んだ。 www.kamogawa.co.jp (以下、内田氏「まえがき」より一部抜粋) (略)「マルクスの名前くらいはちょっと知っているけれど、読んだことのない一〇代の少年少女」というのが…

今村昌平監督・映画「楢山節考」(1983年)

今村昌平監督・映画「楢山節考(ならやまぶしこう)」(1983年)を観た。 tsutaya.tsite.jp 本作は、棄老伝説を題材とした小説家・深沢七郎の同名小説と、同じ著者による小説「東北の神武たち」(とうほくのずんむたち)を元に、リアリズム映画の名手である…

これからの日本、これからの福井~豊かな森と動植物から考える~

インターネット動画で、ブータンミュージアム4周年記念事業「これからの日本、これからの福井~豊かな森と動植物から考える~」と題した講演会・座談会を観た。 運営元(GEN)によるフル・バージョンの動画 ブータンミュージアム4周年記念事業「これからの日…

そして<彼>は<彼女>になった

細川貂々(てんてん)・著『そして<彼>は<彼女>になった―安冨教授と困った仲間たち―』を読んだ。 www.shueisha-int.co.jp 以前、このブログでも紹介した安冨歩東大教授のトランスジェンダーについて扱ったノンフィクション・コミックエッセイということで…

TOKYO FM 『Panasonic Melodious Library』

インターネットラジオ(TOKYO FM)で『Panasonic Melodious Library』を聴いた。作家の小川洋子氏がパーソナリティを務め、文学ガイドの合間に(関連する)音楽が流れる、ちょっと不思議なテイストの番組だ。 www.tfm.co.jp 今週の一冊は、ジュリー・オオツ…

NHK Eテレ「100分de名著~ジャン=ポール・サルトル編~」

NHK Eテレ「100分de名著~ジャン=ポール・サルトル編~」を観た。 www.nhk.or.jp フランスを代表する世界的哲学者ジャン=ポール・サルトルが唱えた実存主義の思想は、原書(訳書)で読解するには難しい内容だが、フランス文学者・海老坂誠氏のコンパクトな…

ハクビシンの住む家

念願叶って小さな家を買った。庭は荒れ放題だが、梅の花が芽吹き始めていて、これからの季節が愉しみである。立地もよく、建物や設備は老朽化しているが、建材には立派な木材が使われていて、本物の職人さんが建てた家だというのが素人目にも分かった。不動…

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則

池谷裕二著『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則』を読んだ。 bluebacks.kodansha.co.jp 池谷 ( いけがや)氏は東京大学・薬学部の若き教授(1970年生まれ)で、主に脳科学に関する著書を、一般的な読者でも理解し易い文体で数多く綴っている。 『進化しす…

言いたいことが一度で伝わる論理的日本語

明治大学教授・齋藤孝著『言いたいことが一度で伝わる論理的日本語』を読んだ。 books.google.co.jp (以下、内容紹介文。海竜社のホームページより一部抜粋) 自分の考えが相手に誤解されることなく、真意を十分に伝えられる能力は、人間関係や仕事をスムー…

安冨歩教授の名講義

何か事件報道により世間が騒然としている時は、マスメディアのワイドショー的な盛り上がりが一時的にあったとしても、なかなか事件の核心は見えてこない。(関係者が口をつぐみ、都合の悪いことが隠されるからだろうか?あるいは情報が整理されておらず、全…

マイペースで生きましょう

休日の朝、温かい布団の中でまどろんでいると、インターホンが鳴った。『あ、灯油の配達か』と思い出し、起き上がった瞬間、天井や壁がグルグル回った。同時に吐き気が襲ってきた。目を瞑ったまま再び布団に横たわったところ、数十秒後ようやく天井や壁の回…

黒い巨塔 最高裁判所

瀬木 比呂志 (著)『黒い巨塔 最高裁判所』を読んだ。 bookclub.kodansha.co.jp (以下、『黒い巨塔 最高裁判所』内容紹介より抜粋) 第2回城山三郎賞受賞作家にして最高裁中枢を知る元エリート裁判官が描く、本格的権力小説!司法権力の中枢であり、日本の奥…

二人のおじさん

珍しく出張で飛行機を使うことになった。出張先が実家に近いこともあり、仕事の合間を縫って家族と再会する予定を立てていた。早朝のホームで空港行きの電車を待ちながら仕事に支障が出ないよう入念にスケジュールチェックをしていたところ、目の前でピシャ…

悩みどころと逃げどころ

カリスマ的人気を誇る社会派ブロガー・ちきりんさんと、世界的プロゲーマー・梅原大吾さんの対談本「悩みどころと逃げどころ」を読んだ。 www.shogakukan.co.jp 異なる世界で名を上げ、年齢差も、学歴差もある二人が足かけ4年、100時間にわたって対談をした…

ソウル・パワー

映画『ソウル・パワー』を観た。劇場公開時に見て以来、3度目の鑑賞だ。 以下、映画『ソウル・パワー』公式サイトより、一部引用 熱心な音楽ファンの間では“キンシャサの奇跡”と称されたモハメド・アリ対ジョージ・フォアマンの対戦(引用者注:※参照)前に…

鴨長明「方丈記」

高校生の時に受験勉強で鴨長明「方丈記」を読んだ。古文という言語の壁があり、当時その内容をしっかり理解したわけではなかったが、何か感じるものがあったのだろう。「将来、私も小さな庵を結んで山でのんびり暮らしたいなぁ」と、その住まい方に漠然と憧…

占い考

待ちに待っていた年末年始!各種イベントには全く興味がないが、この寒い時期に堂々と冬ごもりができるのはありがたい。脚がままならないこともあって自宅に引きこもって、新賀の挨拶の返信を済ませてから、のんびり過ごしている。ふと思い立って、ラオスの…

BS世界のドキュメンタリー「捨てられる養子たち」

BS世界のドキュメンタリー「捨てられる養子たち」(2016年フランスBABELDOCproduction制作)を観た。 youtu.be アメリカで「使い捨ての子供たち(DISPOSAL CHILDREN)」と呼ばれている養子「再」縁組の問題点を浮き彫りにした衝撃的な内容だ。番組冒頭、養子…

白い迷い(ラビリンス)

インターネットラジオから流れる流行りの歌も良いけれど、集中力を上げたいときは、やっぱり聴き慣れた歌だ。今日は何となく明菜ちゃんをセレクト。とりあえずパソコンに向かってやるべきことがたまっているので、お気に入りの一曲からスタートしてテンショ…

ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー

ドキュメンタリー映画監督・作家の森達也著「ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー」を読んだ。 amzn.asia 当初、TVドキュメンタリーとして制作するつもりだったが、テレビ視聴者向けとしては画になる映像がなく、内容も地味過ぎる企画だという判断で…

養老孟司の人生論

敬愛する養老先生の最新刊『養老孟司の人生論』を読んだ。 amzn.asia 最新刊とは言っても、本書は2004年にマガジンハウスから刊行された『運のつき』(2007年、新潮文庫)を復刊し、改題したものだという。 養老先生のご著書(講演を書き起こしたテキストを含…

ETV特集「わたしのCasa(家)“日系南米人”団地物語」

ETV特集「わたしのCasa(家) “日系南米人”団地物語」を観た。 www4.nhk.or.jp 静岡県磐田市にある東新町団地。住民の約半数はブラジルやペルーにルーツを持つ「日系南米人」だ。日本で暮らす外国人に何が起きているのか。団地の一年間を見つめる。 …

持たない幸福論

先々週からずっと忙しかったー。海外から一時帰国する友人らに会うため遠出をし、徹夜明けで職場へ向かったのだが、連日の残業やら何やらで、すっかり体調を崩してしまった。先週末になって風邪をこじらせて、今もゲホゲホやっている(上階の兄ちゃんには迷…

ドキュメンタリー映画監督・作家 森達也

ドキュメンタリー映画監督・作家の森達也氏の活動に、ずっと注目してきた。彼は1998年にオウム真理教(現・Aleph)の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画「A」を、2000年にその続編「A2」を、2010年には書籍「A3」を発表した。一群の作品は海外を含む…

ロス・プリモス 『ラブ・ユー・貧乏』

フジテレビ系のバラエティ番組『オレたちひょうきん族』の名コーナーから誕生したロス・プリモス 『ラブ・ユー・貧乏』が頭から離れない。 youtu.be この動画の元番組は、バラエティなのだろうか?(昔の)貧乏家屋のアイコン・破れた障子と裸電球を背景に歌…

湯治の宿で

加齢に伴う?諸症状が現れては消えるようになった。気のせいのような気もするが、違和感は忘れた頃にまた現れる。まるでオカルト現象だ。「いつ、どんな場面で」「どこが」「どのように」痛むのかを明確に言語化できない。たぶん病院に行っても医師の前で症…

赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学講義録なのだ!

自信がない時、不安な時、迷った時、バカボンパパの名言「これでいいのだ!」と、お経のように何度も呟くと、不思議と「そう、これでいいんだよ」と思えてくる。一度、考えすぎて深みにハマると頭の中で、いつまでもグルグルグルグル迷宮を彷徨う。。出口(…

退化してしまった生存に必要な求愛行動のためのスキル

先日観た映画の感動に突き動かされイングリッド・バーグマンのことをインターネットでいろいろ調べて、その美しさについて思いを巡らせていたら、女優メリル・ストリープが2010年5月コロンビア大学の卒業式で行った名スピーチを思い出した。時間のある方は、…

女の演技

女優イングリッド・バーグマンのドキュメンタリー映画を観た。 ingridbergman.jp これまで彼女の主演作品は、アルフレッド・ヒッチコックの「汚名」と「白い恐怖」、アーネスト・ヘミングウェイの長編小説「誰が為に鐘は鳴る」、「ジャンヌ・ダーク」、「追…

関西弁で怒ってみた

深夜1時近くになっても上階の生活音が止まない。。上階には若い男子学生が住んでいる。明日の弁当の下ごしらえでもしているのか、水道の蛇口を開けたり閉めたり、実に”まめまめしく”動いている。 「ほんま、ええ加減にせえよ…」ようやく眠りに落ちかけてい…

子どもの自分に会う魔法~大人になってから読む児童文学~

石井ゆかり著「子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学」を読んだ。 www.moe-web.jp 酒井駒子さんの装画がとても素敵で、本を読み終わった後も、つい装画を眺めてしまう。当初、甥っ子たちに贈る選書の参考になると思い手に取ったが、石井さん…

モーニングセット(コーヒーお代わり付き)

朝、モーニングセット(コーヒーお代わり付き)を行きつけのカフェで食べることが毎日の愉しみの一つになっている。雨が降っていて外に出たくないなぁと思っても、こんがり焼いたトーストを思い浮かべたら、モーニングセットの提供時間に間に合うよう、身支…

Gipsy Kings Live at Kenwood House in London

DVDでGipsy Kings Live at Kenwood House in Londonを観た。緑豊かな野外フェスの開放空間で、フラメンコギターと力強い歌声に身を委ねながら観客たちが一人二人と自由気ままに踊り始める。最初はリラックスしていた観客たちも演奏が佳境に入ると、ほとんど…

なぜ直感のほうが上手くいくのか?

2010年6月発刊と少々古いが、単行本『なぜ直感のほうが上手くいくのか?』がとても面白かった。著者であるゲルト・ギーゲレンツァー Gerd Gigerenzer は、マックス・プランク人間発達研究所の適応行動・認知学センター所長であり、世界の科学・研究賞の数々…

やる気でんでん虫

「くそぉ〜っ、やる気でんでん虫やぁ〜※」という雄叫びがあがった。上司が席を立ったようだ。”話し相手”を探しに行ったのだろう。『でんでん虫って…』別室で仕事をしていた私は声を押し殺して笑った。 ※やる気がでない=やる気がでえへん(関西弁)=やる気…

あなたを信じます

歌手のASKAが再始動したようだ。いちファンとして心から嬉しく思う。 オフィシャルサイト https://www.chage-aska.net/ aska-burnishstone.hatenablog.com 簡単に経緯をまとめると、2014年5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑でASKAは逮捕され、同年9…

Polarr Photo Editor

1年程、絵画教室で鉛筆デッサンを学んだ。しばらくは心の病のため「描く」行為から遠ざかっていたが、ようやく真っ白な画用紙に向き合う気持ちになった。 元々、水墨画のような白黒の世界が好きなので彩色は習わなかった。だから色彩理論は全く分からないが…

みにくいアヒルの子〜アンデルセン童話全集III〜

子供の頃はほとんど本を読まなかった。学校で使う国語の教科書くらいしか読書の記憶がない(楽そうだったので図書委員っていうのはやってたけど)。半ば義務的に読書を始めたのが大学の頃からで、その“味”を覚えたのは、恥ずかしながら社会人になってからで…

話が通じない人の思考

講演CD:養老孟司「話が通じない人の思考」 http://www.otogaku.com/item/354/36.html 失礼ながら自他共に認める”変人”の語りに、なぜこれほどまで共感を覚えるのだろうか?私もまた”変人”の部類に入る人間だが、養老先生は信頼できる大人であり、時に見てい…